toggle
2019-04-13

デザイン制作の打ち合せ方法と最初に聞くこと(スカイプ、zoom、メールなど)

デザイン制作の打合せ方法と、最初にお聞きすることについて。
まず、制作に入る前に打合せをします。

打合せでお聞きすること

  • 誰に向けたものか(対象者の年代・性別・悩み、望むことなど)
  • 配布場所・使い方
  • デザイン制作に期待すること・目的
  • 商品やサービスの特長・思い、伝えたいこと
  • 仕上りのイメージ
  • 必ず入れたい文章やコピー、写真
  • 色・サイズなど。

出来るだけ細かくお聞きし、お互いに共通のイメージを持つことが目的です。

これを最初にしっかり確認することで、修正が最小限で済みます。
また、早く仕上げることができます。

会社・組織の方は、社内で上記の項目などについてあらかじめ話し合い、共有していただくことで、スムーズに進行します。

初回の打合せ方法

打合せはパソコンやスマホなど、インターネットを介して行っています。
出張打合せは行っておりません。

打合せ方法は、できる限りお客様のご希望の方法で行います。

例えば…すきま時間に連絡をとりたい方などはメッセージで。

  • Eメール
  • メッセンジャー
  • LINE
  • iMseeageなど

メールを打つより話した方が早い・伝えやすい。顔が見えた方が安心。という方はビデオ通話で。

  • Skype
  • zoom
  • LINE
  • Face Timeなど

特に希望がない場合は、zoomでの打合せにしたいと考えております。
時間は30分〜1時間程度を予定しています。

ビデオ通話の日時は、誠に勝手ながら平日午前中のみとなります。
事前に、ご都合をお伺いいたします。

初回以降のご連絡

打合せ後、3〜10日程(内容により変わります)でデザイン案をお作りします。
これは、メールなどのメッセージでお送りさせていただきます。

デザイン案をご確認いただき、感想・ご要望などご返信ください。
修正依頼はメールか、簡単なものであればお電話でも承ります。
多量の修正、文章の修正、複雑な修正は口答ですと間違いが起こりやすいのでメールでお願いいたします。
ビデオ通話の方がわかりやすい場合は、そのようにいたします。

お電話は、出られない場合もあります。
折返しこちらからご連絡いたします。

さいごに

これまで(2019.3月まで)打合せから納品まで、すべてメールで行ってきました。
メールだといつでも連絡ができて双方にとって良いと考えていたからです。

先日初めてご利用いただいたお客様から、電話だったら細かいニュアンスがもっと伝わったかも。というご感想をいただきました。
ご感想はこちらです。
私も場合によっては電話の方が楽かも?と思うこともありました。
イメージを上手く言葉にできないと言う方もいらっしゃいました。

なんとなくのイメージを形にするのが上手いから口答で聞く方がいいのでは?とアドバイスくださった方もおり、初回の打合せはビデオ通話を取入れてみることにしました。

慣れないうちはご迷惑をおかけするかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

こづかきみえ

フリーのグラフィックデザイナーです。 中小規模の案件を中心に、印刷物・Web画像のデザインの制作を承っています。ここでは主にデザインに関することを書いてます。
関連記事