toggle
2019-09-23

ついつい買ってしまう、魔法の言葉。

ついつい買ってしまう、魔法の言葉。

それは、

\「限定」「今だけ」/

言わずもがな、ですね。

あなたは、こんな経験ありませんか?

  • お腹がいっぱいなのに。
  • 買う予定はなかったのに。
  • 予算オーバーなのに。
  • お金がないのに。
  • 必要ないのに。

「限定」に惹かれて、つい買ってしまった。

私は、いっぱいあります!

限定って、魅力的なんですよね。
そんなに必要ないとわかっていても、買ってしまいます。

なぜ、必要ないとわかっているものを、買ってしまうのでしょう?

そんなに必要ないものを、買ってしまう理由

以下は、よくある、限定をうたった売込み文の例です。

入手困難な幻の食材 ◯◯◯を、奇跡的に仕入れることができました!
これを贅沢に使用した、風味豊かな◯◯◯。
ご用意できる数に限りがあるため、本日限定10食 とさせていただきます。
この機会に、ぜひお召し上がりください。

◯/◯日までにご購入いただいた方、先着◯◯名様限定!
ここでしか手に入らない、当店オリジナルの◯◯◯をプレゼント!
なくなり次第、終了 します!

期間限定 モニターキャンペーン開催!
通常◯◯◯円の◯◯◯(サービス)を、今だけ特別に、1日限定3名様 ◯◯◯円でご利用いただけます!

◆ 在庫限り!今後、入荷は未定、 この秋だけの限定プレミアムカラー、
夕方だけのタイムセール、限定デザイン、初回特典、初回数量限定、
○○日までポイント10倍!etc・・・

どれもお客様にとって魅力的で、購買意欲を掻き立てるコピーです。

元々興味があるお客様は、これを見たり聞くと、こう思います。

  • 「早く買わないと他の人に買われてしまう!」
  • 「なんとしても手に入れたい! 」
  • 「普段よりお得だから買っちゃおう!」

このときのお客様の心は、焦っていたり、興奮しています。

人は焦ったり興奮すると、平常心ではいられませんよね。
冷静に判断することが、難しくなってしまいます。

だから、感情に任せて買ってしまうのです。

これが、そんなに必要ないものを、ついつい買ってしまう理由です。

「1日20食限定」の効果

つい先日、私もこの言葉の魔法にかかりました。

回転寿司チェーンの、くら寿司にお昼を食べに行ったときのこと。
(くら寿司、好きでよく行きます)
その日はなんと、680円もするモンブランパフェが販売されていたのです!

ファミレスなら普通の価格帯です。
でも、くら寿司はお寿司一皿100円程の格安店。
パフェ1つで、お寿司6皿食べられます。

ここで、こんなに高いデザートは初めて見たので、ちょっと驚きました。

誰が食べるんだろう?・・・と思った30分後には、私が食べてました。

ダイエットしてるんですけどね、、。

テーブルの上の広告には「1日20食限定」「期間限定」 のフレーズ。
おそらく、これに心奪われたのだと思います。
いつでも食べられるなら、注文していなかったと思います。

人の心理は、自分ではコントロールが難しいです。
だから、食べない方が良いとわかってても、なかなか我慢ができません。

甘い物が好きで、ちょっと食べてみたい人(私)が、
これをスルーするのは難しいかと・・・。

美味しかったです。

広告を見ると、かなりこだわって作られていることがわかります。

イタリア産の濃厚なモンブランクリーム&イタリアジェラート協会のバニラジェラートを使用。
くら寿司特性のプレミア珈琲ゼリーのほろ苦さが相性抜群。
マロンの上には金箔をのせたゴージャスな秋パフェ。

くら寿司さんサイトより引用

食べてみたくなる、コピーですね。

でもこれ、ちゃんと読んだのは今。
お店では、ほとんど見ていません。
「イタリア」という単語を見ただけで、こだわってるのは、なんとなくわかりました。

それほど、「限定」の効果は強いということです。

(「イタリア」だけで伝わる、単語のイメージ効果もすごいです)

限定売りのいいところ

◎販売者のメリット

  • 希少性が高まるので価格を上げやすい
  • 話題性がある
  • 集客しやすい
  • 限定数分だけ用意すればいいので、在庫に無駄がなくなる

◎消費者のメリット

  • 限定品を手に入れた喜び
  • お得に買えたという満足感が得られる
  • 人と違う特別感・優越感が味わえる

限定売りは、双方にメリットがあります。

消費者は、主に心の満足感・幸福感が得られます。
ただ、失敗する確率が平常時に買うより高いので、そこはデメリットです。

「限定」の宣伝方法

「限定」「今だけ」など、特別感・希少性を商品に持たせます。
そこをアピール・宣伝すれば、人は買いたくなります。

宣伝は、少しでも興味のある人に向けて行います。
また、そこにお客様が確実にいる媒体で行います。

チラシ・Facebook・インスタグラム・ブログ・新聞・CM・Youtubeなど。

どんな時に「限定」を使うと効果的か?

例えばこんな時。

  • 新商品を発売したから試してほしい
  • 在庫整理をしたい
  • 定番商品とは別に、少し高級なものを売りたい
  • まずは、試してもらいたい(新規客を集めたい)

限定にするときは、理由を伝える。

「限定」は集客効果は高いです。

しかし、限定にする商品そのものに魅力がなければ意味がありません。
また、やり方次第では、嫌悪感や不安を抱くこともあるので、注意が必要です。

例えば、いつ見ても「今だけ○○円!間もなく終了!」と謳っている広告。
買わせようとしてるのがバレバレですし、安っぽく見えませんか?

これでは、商品価値が下がってしまいます。
いつでも買えると思われて、購買意欲も下がります。

限定にするなら本当に限定にするか、限定の内容を変える。
同じ内容なら、期間を空けましょう。

一方、こんな広告ならどうでしょうか。

「日本でたった一人の職人が丹誠こめて手づくりしています。
そのため、生産できる数に限りがあります。」

希少な職人技とか、本当に少ししか生産できない、ちゃんとした理由があって限定になっているものは、不快感はないですよね?
同じ限定を使っていても、そんなにこだわってるんだ!と好感度が上がりませんか?

限定にするときは、お客様が心から納得する理由を伝えましょう。

「限定商品」を作る上で一番大切なこと

一番大切なのは、お客様の立場になって宣伝すること。
お客様が喜んでくれる限定商品を作ることです。

「限定」は、買ってもらうための行為です。
でも、売れさえすれば良い、ということではありません。

たとえ売れても、喜んでもらえないと悲しいですよね。

売り手は、お客様に喜んでもらえて、売上げも上がって嬉しい!

お客様は、購入できて嬉しい!
素敵な商品・サービスを手に入れられて満足!

これが理想です。

「限定」は、どちらも幸せになれるように考えて使いましょう。

関連記事