toggle
2019-12-11

デザインは誰にでもできる

デザインを自分でやってみたい!
でも、絵心もセンスもないしな〜と、迷っているあなたへ。

デザインは誰にでもできるよ〜、という話です。

人との会話の中で「どんな仕事してるの?」と聞かれることがあります。

私は「デザインの仕事をしてます」と答えます。

すると、よくこう言われます。

「すごい!! 私にはセンスないからできないわ〜!」

デザイナーは、才能とかセンスとか、絵が上手くないとなれない。
そんなイメージを持たれているようです。

でも実は・・・、デザインに元々の才能やセンスは必要ないんです。

絵は描けたほうがいいけど、描けなくても大丈夫です。
イラストはフリー素材を使えばOK。

必要なのは「デザインが好き」という気持ちだけ。

素敵なデザインを作る人ほど、この『好き』が強いです。

好きだから頑張れる、スキルアップする、そしてもっと好きになる。
そういうことです。
これは、どんなこと・職業にも当てはまりますね。

※ここで言うデザインとは、チラシ・パンフレット・名刺などの印刷物、バナーなどのWeb広告のこと。

なぜ、才能やセンスが必要ないのか

なぜ、才能やセンスが必要ないのでしょうか?

正確には、センスは必要です。
でも、始めは必要ないということです。

なぜなら、センスは「後からついてくるもの・習得できるもの」 だから。

私は今、一人でデザインの仕事をしています。
過去の私が、今の状況を見たら、きっと驚きます。
いつも周りの人に助けてもらっていたし、センスなんてありませんでしたから。

デザインには『この場合はこうする』という決まりごとや、
いくつかのパターン(方法)があります。

デザインは、目的や対象者に合わせて、これを組み合わせて作ります。

だから、特別な才能がなくても、デザインは作れるんです。
また、センスは努力次第で身につけることができます。

(この決まりごと・パターンについては、また今度書きますね)

デザインの勉強方法

では、どうやって勉強したらよいのでしょうか?

  1. 学校で学ぶ
  2. 会社で学ぶ
  3. 独学で学ぶ

このどれかになります。
事業をしながらだと、独学が現実的ですね。

今はいろいろな書籍が出ていますし、ネットにも情報があふれています。
ネットは、本よりも丁寧でわかりやすいサイトもけっこうありますよ!

自分(自社)でデザインするメリットとデメリット

自分でデザインすることは、メリットもあるしデメリットもあります。

◎メリット

  • イメージや企業コンセプトを、一から伝える手間が省ける
  • 修正が、いつでも何度でもできる(お客様の反応を見ながら試せる)
  • 経費削減になる

◎デメリット

  • 本業にかける時間が減る
  • 道具がなければ揃える必要がある(初期投資)
  • 客観的に考えることが難しいかもしれない
    (お客様やマーケッターなど、第三者の意見を聞くと良いです)

頻繁にデザイン制作が必要で、予算があるなら、こんな方法もあります。

◎デザイナーを雇って、デザイン部署を設立する

または、
◎簡単なものは自分で作って、複雑なものや、重要なものはプロに頼む

これも一つの手ですね。

まとめ

  • デザインに先天的な才能やセンスは必要ない
  • センスは知識と経験の積み重ねで、身につけることができる

という話でした。

次回は、デザイン制作に必要な、ソフトウェアや道具について書きます。

自分でデザインしてみようかな〜という方。
よかったらご参考になさってください。

関連記事